宅配クリーニングのトラブル事例と対策法

宅配クリーニングのトラブル事例と対策法

宅配クリーニングのトラブル事例と対策法

宅配クリーニングのトラブル事例と対策法宅配クリーニングはじわじわと浸透し、すでに多くの方が利用しているサービスです。

 

自宅にいながらクリーニングを申し込める利便性、手間や時間が省けることなど、現代人の負担が軽減されることが多く、評判になっています。

 

通常の店舗型クリーニングにも言えることですが、トラブルは少なからずあります。

 

たとえば、「紛失のリスク」です。

 

これについては、利用前の方からの不安の声でもあがっています。もし依頼したとして、大切な服が紛失してしまったらと思うと、不安に感じますよね。

 

実際に、宅配であることから、その過程で紛失してしまうことはなきにしもあらずです。このようなトラブルを防ぐためには、対策を行っている業者を選びましょう。

 

個別洗いを採用している業者や、個人のクロークがある業者など、対応策がある業者なら不安はありません。通常の店舗でも紛失トラブルはありますが、宅配クリーニングの方が工夫を施している分、安全という利点もあります。

 

次に、「畳みじわ」の問題です。一般的にクリーニングの店舗なら、ハンガーにかけて仕上げてもらうことが多いですが、宅配クリーニングは畳まれていることが多いです。そのため多い事例なのですが、返却されてすぐにハンガーにかけたり、ハンガーを使用した業者を利用すると、トラブルも回避できます。

 

また、業者によっては、仕上がりに満足できなかった場合、再度仕上げをしてくれるところもあります。

 

最後に、トラブルとして「料金」についての問題があります。たとえば、思っていたよりも料金が高かったという事例です。

 

普通のワンピースのつもりで依頼したら、ドレスとして判断されて、ドレス価格になってしまう。スーツ上下を頼んだら、上下を一点ずつにカウントされて割高になったなど。

 

料金問題は一番大きなトラブルです。対策するためには、まずあらかじめ、料金システムを確認することです。シミ抜きが有料か、送料は別途発生するか、服によって値段が違うのかなど。

 

料金については、利用する前にしっかりと確認しましょう。ネット上で分からないときには、業者側に問い合わせて行き違いのないようにしましょう。

 

宅配クリーニングのトラブルを防ぐためには

今やネット、スマホでなんでもできる時代です。宅配クリーニングも基本的にネットで申し込める利便性がかわれています。ただ、安易に申し込むべきではありません。しっかりと、複数の業者を比較し、自分に合うものを選ぶべきです。

 

料金システムからサービス内容まで、総合的にみて良質な業者なら、トラブルなく利用いただけるはずです。キャンセル料などの問題もありますので、しっかりと調べておきましょう。

 

また、万一トラブルが起きたときの対処法としては、事前に通知メールすべてを保存しておくことです。商品到着からの通知メールをすべて保存しておきましょう。万一トラブルが起きた場合も証拠にあり、業者に対応してもらいやすくなります。

 

料金以外に、シミや変色に関するトラブルがあります。たとえば、ワイシャツの胸ポケットにボールペンが入ったままで、検品で気付かず洗濯にまわされるとインクの染みがつきますが、これは自己責任となることが多いです。

 

色落ちなどの変色については、賠償も可能ですが、衣服の素材にもよります。総じて、トラブル回避のためには、しっかりと業者側の情報を理解意思、申し込むことが重要です。

▲TOP