宅配クリーニングの利用の流れ

宅配クリーニングの利用の流れ

宅配クリーニングの利用の流れ

宅配クリーニングの利用の流れ最近では多くの業者が、宅配クリーニングを運営しています。

 

『リビナス』や『リネット』、『洗濯便』や『ネクシー』などなど。

 

業者によって、集荷からお届けまでの一連の流れに細かい違いはありますが、基本的な流れをご紹介します。

 

集荷依頼

 

集荷の依頼方法は、利用する宅配クリーニングに会員登録などを行います。

 

その後、ネットや電話から集荷依頼できます。基本的にネットでの依頼受付が多く、手早く利用いただけます

 

集荷の依頼日時も指定することができます。業者によりますが、最短で2時間後に集荷OKという業者もあります。

 

クリーニングに出すものの準備

 

衣類などクリーニングに出したい洗濯物は、どのように運ばれるかは業者によります

 

ダンボールへの梱包や、専用クローク、自宅にある普通の紙袋など、対応については業者に確認し、準備してください。それを集荷時に渡します。

 

検品の確認

 

依頼した衣類などが業者側に届き、検品作業が終わると、到着通知のメールが来ます。検品前に通知メールがくることもあります。

 

ちなみに『リネット』の場合は、集荷から2日後に料金明細と一緒にメールされるようです。

 

クリーニング完了の通知

 

クリーニングが完了すると、業者側から通知が届きます。また、同時に「荷物を発送しました」という連絡が入ることもあります。

 

依頼した衣類のお届け

 

荷物の発送通知に詳細が記載されていますが、その後、自宅まで集荷時と同じように製品が届きます。玄関先で受け取ることができます。

 

このように、一連の流れをみると、集荷からお届けまで、自宅から出ずに済ませることができます。これが、宅配ならではのメリットです。

 

また、集荷からクリーニング完了までにかかる時間は、業者によります。最短2日というところから、10日ほどかかるケースもあります。繁忙期になったとしても、基本的に業者があげているお届け日は守られます

 

また、集荷依頼の時間は24時間対応の業者もあります。コンビニなどを経由し申し込むことも可能です。

 

業者によっては布団など大物洗濯も対応しています。このように重い洗濯物も、玄関先まで取りに来てくれるところがメリットです。

 

宅配クリーニングの料金はどのような支払方法がある?

一般的なクリーニング店では、前払いで料金を支払います。では、宅配クリーニングはどのような料金システムになっているのでしょうか。

 

支払方法は業者によって異なりますが、いくつかの方法を用意しているケースが多いです。

 

  • 代引き、代引決済(現金、カード)
  • クレジットカード決済
  • 銀行振込
  • コンビニ決済

 

など。

 

一般的な決済方法は「代引き」になります。衣類の集荷時ではなく、返却時に支払う方法がポピュラーです。代金引換は安心感もあることから、よく使われています。

 

「クレジットカード決済」の場合は、クリーニング依頼の検品後に決済されることが多いとされています。「銀行振込」は、クリーニング前に済ませることが多くなっています。

 

クレジットカード決済について注意点があります。業者によっては、クレジットカード決済のみとなっているところもあるので注意してください。また、クレジットカードの利用出来る会社についても業者によります。料金支払い方法は、事前に確認してからご利用ください。

 

また、料金では送料が別途発生することもあります。大物洗濯(布団など)は別途送料かかる、○○円以上で送料無料など、送料のシステムも業者によって異なります

▲TOP