宅配クリーニングの不安と対策法

宅配クリーニングの不安と対策法

宅配クリーニングの不安と対策法

宅配クリーニングの不安と対策法宅配クリーニングを利用してみたい、「けど不安もある」という声もあります。

 

やはりどのようなサービスでも、利用にあたっては初めての場合不安は少なからずありますよね。

 

ここでは、宅配クリーニングを利用する前によくある不安や、対策方法をご紹介していきます。

 

よくある不安①お願いした衣類などが紛失されたりしないか

 

基本的に集荷からお届けまで自宅にいながらできることが、宅配クリーニングのメリットです。

 

たとえば、『リナビス』では、専用の集荷バッグを用意し、そちらに洗濯物を入れて、また返却されるシステムになっています。このようなシステムは、他人のものと紛れ込まないようにという工夫です。

 

他社によっては、各自でダンボールや紙袋に入れるケースもありますし、何らかのトラブルで業者に届いてから紛失されるかもしれません。完全にゼロとは言い切れないトラブルです。

 

対策法:もし、依頼した洗濯物が届かないなどの不備が分かったら、すぐに業者側に連絡しましょう。

 

基本的に集荷や検品時に連絡が入ります。依頼した品の内容が掲載されているので、通知メールをとっておくようにしてください。あわせて、クリーニング完了のものと比較し、不備があったら業者に伝えることです。

 

しかし、一般的な店舗型のクリーニング店でも、こういったトラブルはあります。宅配クリーニングではその点を配慮し、管理体制を徹底している業者も多いです。

 

※破損についても注意。紛失と同様にほとんどありませんが、もし破損した部分があれば、写真をとるなどして、業者に対応を求めてください。

 

よくある不安②仕上がりにシワがあったらどうしよう

 

クリーニング店の場合、基本的にハンガーで仕上げてくれるため、細かいシワはありません。それを持ちかえるときにどうしても折り曲げて、シワができることがありますよね。

 

宅配クリーニングの場合、一般的に畳まれて届くので、シワの問題があります

 

ですが、シワをおさえるために、最終段階でたたみジワがないように、大きめのダンボールにつめたり、緩衝材を使う業者も多いです。また、ハンガーBOXを採用しているところもあります。

 

対策法:仕上がったクリーニングは、放置せずにすぐにハンガーにかけることです。

 

また、仕上がりに満足できなかった場合、再度仕上げをしてもらえる業者もあります

 

よくある不安③料金が予想以上に高くとられないか不安

 

やはり、よくあるのが料金の問題です。宅配サービスは便利ですから、その分の料金上乗せは仕方ない部分もあります。しかし内容によっては、店舗型に頼むよりも節約できるケースもあります

 

ただ、料金プランをチェックしたつもりでも、思っていたより高くなってしまったら…という不安は払しょくされないのではないでしょうか。

 

対策法:事前に料金を確認しておくことが重要です。パック料金などでも、別途送料が発生することもありますから、送料や手数料も確認しておきましょう。事前に見積もりやシミュレーションができることもあります。

 

また、どうしても不安がある方は業者さんに相談してみましょう。

 

不安をなくす最大の対策法は「宅配クリーニング選び」にあり!

不安要素をなくすためには、なんといっても、宅配クリーニング選びが重要になります。さまざまな業者が運営していて、最近増えているサービスです。

 

そのため、どこを選んでいいか分からず、曖昧な基準のままで決めてしまうのはNGです。総合的に業者の情報をチェックし、自分に合っているものを選びましょう

 

  • 利用しやすさ
  • クリーニングの仕上がりや技術
  • 料金プラン
  • 送料や手数料の有無
  • 決済、料金支払い方法
  • アフターケアがあるか
  • 保管サービスの有無

 

など。

 

多方面の角度から比較し、自分自身が利用しやすいものを選びましょう

 

とくに料金トラブルがありますから、料金ついては明確であるかを確認しましょう。

▲TOP