宅配クリーニングのサービス「詰め放題プラン」のメリット・デメリット

宅配クリーニングのサービス「詰め放題プラン」のメリット・デメリット

宅配クリーニングのサービス「詰め放題プラン」のメリット・デメリット

宅配クリーニングのサービス「詰め放題プラン」のメリット・デメリット最近では宅配クリーニングというサービスがじわじわと浸透しています。主婦層はもちろん、共働きのご家庭や一人暮らしの方から選ばれている利便性の高いサービスになっています。

 

一般的にクリーニングは、店舗に洗濯物を自転車や自家用車で持ち込むことが多いですが、その常識を覆したサービスになります。

 

自宅にいながら、クリーニングの依頼ができることから、多くの世代に選ばれています。

 

近年は運営会社も増え、さまざまな宅配クリーニングが増えています。利用するにあたって、気になるのは「料金」ではないでしょうか。

 

業者によって料金システムには違いがあります。一定量と料金パックタイプや、シミ抜きサービス込みの価格、コートなどを一点と数える節約できるシステムなどがあります。

 

『洗宅倉庫』などの一部業者では、「詰め放題プラン」も用意しています。例えるなら、野菜などの食品と同じように詰め放題には、良し悪しがあります。使い方によっては、とてもお得になりますし、逆に高くついてしまうこともあるので注意しましょう。

 

詰め放題プランで気を付けること

ここで言う詰め放題プランは、業者が用意するクロークや袋に詰めるプランについてです。この詰め放題プランには、落とし穴もあるので注意してください。

 

  • 対応製品、取扱いアイテムが限られている
  • コートなど厚手のものを入れようとすると逆に入らない
  • 布団などは対象外になることが多い
  • 毛皮製品や皮革製品に対応していないことが多い
  • 取り外しタイプのフード付コートは2点に計算されることもある
  • 実は枚数に制限を設けているケースもある

 

など。

 

詰め放題プランは聞こえがいいですが、実際に詰めてみると、意外と入らないこともあります。料金が割高になりやすいコートやジャンパー類などはかさばりますし、反対に薄手のものを詰めても料金で比較すると高くなることもあります

 

料金をあらかじめ理解し、節約できるかを確認してから利用するのがベストです。また、業者によっては、詰め放題でも枚数が制限されていることもあるので注意しましょう。

 

詰め放題プランはメリットがありつつ、反対にデメリットの方が大きくなる問題もあります。また、クリーニング完了までにかかる時間もばらつきがあり、業者によりますが、時間がかかるものです。

 

一般的に、大体2週間はかかるので、急ぎのものは利用するべきではありません

▲TOP